最高の一杯を提供する|コーヒーを愛する人|バリスタの資格を取るコツ

コーヒーを愛する人|バリスタの資格を取るコツ

最高の一杯を提供する

カフェ

経験が重要

バリスタとは、カフェやバールと呼ばれる喫茶店のような場所で接客や飲食物の提供を行うスタッフのことを指します。本来はイタリア生まれの言葉ですが、近年では日本でも浸透してきています。日本ではコーヒーのスペシャリストという意味合いで使われることが多いです。しかし、本来的な意味で言えば、コーヒーだけでなく、カフェやバールで提供する飲食物すべてに精通し、高いレベルの接客を行う人をバリスタと呼びます。大手のコーヒーチェーンなどでは、経験が長く知識も豊富なスタッフのことをバリスタと呼ぶことがあります。コーヒー文化の浸透と普及から、バリスタになりたいと考える人も増えてきています。バリスタになるには、知識も重要ですが経験も欠かせないので、現場で働くことも重要となってきます。

資格の取得も考慮して

バリスタになるのに資格は必須ではありません。国家資格があるわけではなく、民間の資格があるだけです。しかし、開業ではなくチェーン店などに就職を考えているのならば、資格は持っておいても損にはなりません。知識や技術の裏づけとなるためです。多くの民間資格では、ペーパーテストだけでなく、実技試験もあります。そのため、資格を持っていることである程度の知識と技術があることがわかるのです。就職には有利となるでしょう。また、就職目的でなくても、資格のために勉強して知識や技術を得ることは決してマイナスにはなりません。なんとなく経験で行っていたサービスに知識の裏づけが得られると、より高度なレベルでサービスを行えるようになります。